2006年06月03日

事件の経緯についての資料/池田

12月20日早大文学部における不当逮捕を許さない
 ← 抗議文の掲載ページ。

事件の経緯
 ← 当該団体、つまり逮捕された青年が所属している団体による、逮捕時件にいたるまでの経緯が掲載。

早稲田大学ビラ撒き逮捕事件、教員7名「公開質問状」
 ← 早稲田大学のスタッフである、岡山茂氏、藤本一勇氏、谷昌親氏、斎藤純一氏、岩田駿一氏、原章二氏、猪股正廣氏による公開質問状。文学部からの参加はデリダの研究者として知られている藤本氏のみ。

学生・教職員のみなさまへ
 ← 早稲田大学第一文学部、第二文学部、文学研究科名義による説明。私人逮捕についてはまったく触れられていない。



以下、それぞれのサイトおよび新聞記事から、事件の経緯について述べられている部分を引用する。


■朝日新聞朝刊12月29日■
■警視庁の調べなどによると、男性は20日昼、東京都新宿区の文学部がある戸山キャンパスで、学生会館移転問題に絡むビラをまいた。学校側がキャンパスの外に出るように求めたが従わなかったため身柄確保(私人による逮捕)をし、警察に通報して引き渡した。調べに対し、男性は黙秘しているという。


■抗議文からの引用■
■12月20日昼ごろ、早稲田大学文学部キャンパス内において、早大再編について考え、反対する行動告知のビラをまいていた一人の人間が、突然7,8名の文学部教職員に取り囲まれて、そのまま警備員詰所に軟禁され、その後、その教員らが呼び入れた牛込警察署員によって「建造物不法侵入」の容疑で逮捕されてしまいました。


■「事実の経緯」からの引用■
■12月20日の昼ごろ、東京都新宿区の早稲田大学文学部キャンパスで、ある青年がビラ撒きをしようとしていました。ビラの中身は、2001年7月31日の早大キャンパス内サークル部室強制撤去以降行われている、早大当局による言論弾圧、集会破壊に抗議する行動を告知するためのものです。学内に入りふと気がつくと、彼はどこからともなく現れた7〜8名の文学部教員に取り囲まれていました。彼はそのまま警備員詰所に連行、軟禁された上、第二文学部教務担当教務主任らが導入した牛込警察署の警察官によって"建造物侵入"の容疑で逮捕されてしまったのです。


■公開質問状からの引用■
■12月20日に早稲田大学文学部構内で、地下部室撤去と学生会館移転問題に関わるビラをまこうとした男性が逮捕されました。朝日新聞(12月29日朝刊)には、「学校側がキャンパスの外に出るように求めたが従わなかったため身柄確保(私人による逮捕)をし、警察に通報して引き渡した」と書かれています。


■「学生・教職員のみなさまへ」からの引用■
■1) 2005年12月以降、早稲田大学構内への立ち入り禁止の仮処分(20 01年7月31日東京地方裁判所決定)を受けている者が文学部正門脇に 立ち、それと共同して文学部構内でビラを配布する者が出没した。そこで、 立ち入り禁止者の動向を注視していたところ、12月15日に、ビラを配 布している者が、教員の一人に対し、その家族の安全に関することで脅迫 を行った。
■2) この事件について、文学学術院執行部で協議した結果、脅迫に関しては所 轄警察署に通報し、文学部正門前の警備を要請した。当該教員のみならず、 その家族の安全をも脅かす言動であり、放置できないと判断したからであ る。なおこの件は、12月20日の教授会において報告、了承されている。
■3) 12月20日の正午過ぎ、15日に脅迫を行った者が、文学部構内スロー プ上に立て看板を置き、ビラを配布し始めた。学生証の提示を求めたが応 じないため、構内からの立ち退きを求め、いったんは退去させた。しかし、 再度構内に侵入し活動を始めた。そこで、繰り返し立ち退きを求めたが、 応じなかったために、警察に通報した。
■ 4)脅迫を行った者は、早稲田大学とは全く関係のない人物であることが判明 した。

posted by ikeda at 16:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 池田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

盛岡ビジネスホテル
Excerpt: 盛岡ビジネスホテル情報
Weblog: 盛岡
Tracked: 2006-08-30 10:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。