2006年04月28日

本ブログの趣旨について

趣旨
このブログは、2005年12月におきた「早大文学部教職員によるビラまき青年逮捕事件」について、考え行動することを目的とした共同ブログである。

複数によるエントリー
このブログのホストであるseesaa(シーサー)についている「ブログ共有機能」を使えば、複数人数による記事のエントリーができる。この機能を活用すれば、ひとつの問題にひとつの場所をつくり、その場を生産性のあるものにしていくことが出来るのではないか。つまりネット上に雑誌をつくることが容易にできてしまうのではないか。そのようなことを考えたのがはじまりである。

この事件についてどう考えるべきかは、参加者次第なので、全体的な趣旨はこれにて終了。


参加者については、文芸評論家(実質的にはフリーターです)で、今回の事件の抗議文の「呼びかけ人」でもある池田雄一と、同じく文芸評論家で、抗議文の「賛同人」である青木純一が、いまのところ決まっている。おいおい声をかけていくつもりだ。



posted by ikeda at 22:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 本ブログの趣旨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブサヨクはいつまで団塊制青春の夢を見続けるのか。
Excerpt: ●ブサヨクはいつまで団塊制青春の夢を見続けるのか。  成城トランスカレッジより、...
Weblog: 深夜のシマネコBlog
Tracked: 2006-05-05 15:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。