2006年08月10日

ロジスティック(8)/青木

・文章中の「措置入院」を「入院」に書き改めました。詳しくはコメント欄の長野様の御指摘をお読み下さい。この場を借りて御指摘に感謝致します。(青木)


「心神喪失者等医療観察法」の最大の問題点は、この法律が「再犯のおそれ」という理由の下に、どうしたって不確実で、高い確率で恣意的になっちゃう「未来予測」という観点から病者の処遇を決定する「保安処分」として機能する点です。しかも、この「未来予測」には、科学的な根拠のないあの鑑定ガイドラインが使われるわけですから、入退院の決定は判断者の気分次第になりかねません。

では、精神障害者の処遇を最終的に判断するのは、誰なんでしょう。ここもまた、この法律の大きなポイントです。現行の「精神保健福祉法」によれば、自傷他害のおそれがある精神障害者の入院には、2人の精神保健指定医による医療上の診断が必要です。この診断は、あくまでも医療行政の領分にあります。しかし、「心神喪失者等医療観察法」では、裁判官と精神保健審判員(精神科医)の合意によって入院などの必要を判断することになります。つまり、司法も介入するようになります。

もし裁判官が保守的なひとで、触法精神障害者はずっと隔離したって当然なんて考えるようだったら、一度入院させられた患者がいつ退院できるかなんて、もうわかりっこありません。ちょっとSF的な世界です。この法律の施行を危惧しているひとのすべてが恐れているのは、実はこの点です。これは正直、ぼくも怖いです。ちなみに「心神喪失者等医療観察法」の最初の適用者は、新幹線の車内で消火器をふりまわして乗客に軽いケガを負わせたひとだそうですが、ぼくだって、いつトチ狂って「金よこせ、『カントの哲学』の印税を半分よこせ!」と池田さんの家に押しかけて消火器ふりまわすか(池田さんの家に消火器あるのかな)知れたもんじゃありません。このくらいの些細な狂気は(些細かな、まあ些細にしておこ)、誰にだって訪れかねないと、ぼくは思ってます。でも、「心神喪失者等医療観察法」にひっかかったが最後、いつ退院できるかわからない入院の日々が待ち構えているかもしれないわけです。そうなったら池田さんのせいです。そうしときます。
続きはこちら
posted by aoki at 08:29| Comment(10) | TrackBack(1) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。