2006年08月07日

ロジスティック(7)/青木

「ロジスティック(4)」の記事の中で書いたのですが、「心神喪失者等医療観察法」(2003年成立、2005年施行)は、2001年6月の大阪教育大学附属池田小学校での児童殺傷事件が巻き起こした社会的な不安の中で成立した、という経緯があります。これもすでに書きましたが、この事件の犯人の宅間守には精神病院の入院歴がありました。でも、実際には精神障害者を偽装した「詐病」だったことが取調べで明らかになりました。もし現在彼が犯行を行ったとしたも、「心神喪失者等医療観察法」の適用は受けないでしょう。なら、一体なんで「心神喪失者等医療観察法」が成立までこぎ着けたか、と考えると、事件が引き起こした社会的不安を政治とマスメディアが一定の方向に押し流した、とある程度までは言えそうな気がするわけです。「危なそうな『異常性格者』が社会をウロウロしている。もっと監視・管理して、どんどん隔離してしまえ」という方向にです。
続きはこちら
posted by aoki at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。