2006年07月21日

ロジスティック(5)/青木

ぼくのパートは、ビルメンテナンスのお手伝いみたいな宿直の仕事で、勤務時間は夕方の5時から翌朝の9時までです。もう20年以上、同じ勤務地に勤めています。今週の水曜日に出社したら、別の職場の上司がわざわざぼくのところに来て、いきなり「お前はアトピーだから他の正社員が使うベッドとは別のベッドに寝て、できればシャワーも正式の浴室ではないやつを使え」と言いました。こんなこと言われたのは、はじめてです。たしかに湿疹を掻くと血が出て、仮眠のときにベッドのシーツに血痕をつけてしまうことは時々あるのですが、上半身はシャツ(秋から春までは主に長袖)、下半身には夏でも大概タイツをはいているので、血痕といっても軽い染み程度です。それでも気になる人は気になるのだろうと、ベッドの件だけは了承しましたが、シャワーの件はいくらなんでも受け入れられません。その日は平然といつもと同じシャワーを浴び、翌日帰宅後、勤務先に電話して同じ上司に理由をたずねたら、他の正社員が血をいやがるとかいうことで、「少なくとも正社員の後に浴びろ」なんてぬかします。「アトピーは感染症じゃないし、大体血なんてシャワーで流れて消えてるでしょ」と反論したら、ようやく普段通りの使用許可が下りました。アトピーのことをよく知らなかったのか、それとも知ってていやがらせをしてきたのか、どっちなんでしょう。

うちの職場は二つの会社が共同で仕事をしているせいか、最近は雰囲気が妙にぎくしゃくしています。その狭間で、ぼくも変な目にあったのかもしれません。いやがらせをしてきたのはたぶん、ぼくの所属する会社ではないほうの会社の社員たちでしょう。上司は不運な説得役にすぎません。この上司からは「穏便に」みたいに諭されましたが、やっぱりムカツクし、黙っているのもなんかこのサイトの主旨に反している気がするので、あえて勤務地だけは暴露します。都立駒込病院附属臨床医学総合研究所です。笑っちゃうでしょ。もちろん、ビルメンテナンスの社員は、研究所の研究員とは関係ありません。でも、研究所の中にはきっとアレルギーやアトピーの研究部署もあります。そして、同じビルの地下1階の中央コントロール室では、アトピーに対するかくも大人気ないイジメがまかり通っているのです。また理不尽なことを言ってきたら、今度はこのサイトで会社名を二つともスッパ抜いてやります。物書きをなめんなよ。死なばもろともじゃ。

気持ちを取り直して、「ロジスティック」です。
続きはこちら


posted by aoki at 05:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。