2006年07月08日

ロジスティック(1)/青木

パート先のテレビでNHKを見ていたら、「第5次医療法改正」と「障害者自立支援法」の問題点に関する特集をやっていました。番組の結論だけ言うと、この先「医療難民」、あるいはそれに類したひとが増えるだろう、ということです。つまり、経済上ないし制度上の制約で、病院での医療やリハビリを受けたくても受けられないひと、また必要に応じた介護サービスを受けたくても受けられないひとが増えてゆく、ということです。ぼくは自分が病気がちだから、とても他人事とは思えません。去年ぼくは一時期本当に無一文になって、医者にも行けなくて、2週間足らずの間ですが、いつも欠かさず服用しているアレルギーの薬を切らしたのですよ。別に強い薬じゃないんですけど、ラストの5日間くらいは結構きつかったなあ。

そこで、気になりついでに、当の「障害者自立支援法」とやらをダウンロードして読んでみたわけです。まず第三条を見てみると、こうあります。「すべての国民は、その障害の有無にかかわらず、障害者等がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営めるような地域社会の実現に協力するよう努めなければならない」。なるほど、理念はわかります。でもその後を読むと(第二十九条など。長い文面なのでここでははしょりますが、第二十九条だけをコメント欄に引用しておきます)、障害者の経済的な自己負担を増やしたいだけじゃないのか、という気がしてきます。障害者とその家族のフトコロに狙いを定めた法律なんじゃないかな、これは。他にもさまざまな問題がある「障害者自立支援法」に関しては、以下のサイトを参照して下さい。リンク先で支援法の中身も読めます。

障害者自立支援法?、最初っからやり直すべし!
http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm

法律がかかげる理念と、その法律が具体化する現実とのギャップ。その理由はどこにあるのでしょうか。一言で言えば、生活者、この社会で生きている人間への想像力が、今の政治には欠落している、あるいは想像力が変質している、ということではなかろうか。あともうひとつ、日本の政治が言葉を大事にしてこなかった、ということもあります。

続きはこちら


posted by aoki at 16:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。