2006年07月21日

ロジスティック(5)/青木

ぼくのパートは、ビルメンテナンスのお手伝いみたいな宿直の仕事で、勤務時間は夕方の5時から翌朝の9時までです。もう20年以上、同じ勤務地に勤めています。今週の水曜日に出社したら、別の職場の上司がわざわざぼくのところに来て、いきなり「お前はアトピーだから他の正社員が使うベッドとは別のベッドに寝て、できればシャワーも正式の浴室ではないやつを使え」と言いました。こんなこと言われたのは、はじめてです。たしかに湿疹を掻くと血が出て、仮眠のときにベッドのシーツに血痕をつけてしまうことは時々あるのですが、上半身はシャツ(秋から春までは主に長袖)、下半身には夏でも大概タイツをはいているので、血痕といっても軽い染み程度です。それでも気になる人は気になるのだろうと、ベッドの件だけは了承しましたが、シャワーの件はいくらなんでも受け入れられません。その日は平然といつもと同じシャワーを浴び、翌日帰宅後、勤務先に電話して同じ上司に理由をたずねたら、他の正社員が血をいやがるとかいうことで、「少なくとも正社員の後に浴びろ」なんてぬかします。「アトピーは感染症じゃないし、大体血なんてシャワーで流れて消えてるでしょ」と反論したら、ようやく普段通りの使用許可が下りました。アトピーのことをよく知らなかったのか、それとも知ってていやがらせをしてきたのか、どっちなんでしょう。

うちの職場は二つの会社が共同で仕事をしているせいか、最近は雰囲気が妙にぎくしゃくしています。その狭間で、ぼくも変な目にあったのかもしれません。いやがらせをしてきたのはたぶん、ぼくの所属する会社ではないほうの会社の社員たちでしょう。上司は不運な説得役にすぎません。この上司からは「穏便に」みたいに諭されましたが、やっぱりムカツクし、黙っているのもなんかこのサイトの主旨に反している気がするので、あえて勤務地だけは暴露します。都立駒込病院附属臨床医学総合研究所です。笑っちゃうでしょ。もちろん、ビルメンテナンスの社員は、研究所の研究員とは関係ありません。でも、研究所の中にはきっとアレルギーやアトピーの研究部署もあります。そして、同じビルの地下1階の中央コントロール室では、アトピーに対するかくも大人気ないイジメがまかり通っているのです。また理不尽なことを言ってきたら、今度はこのサイトで会社名を二つともスッパ抜いてやります。物書きをなめんなよ。死なばもろともじゃ。

気持ちを取り直して、「ロジスティック」です。
続きはこちら
posted by aoki at 05:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ロジスティック(4)/青木

前回と今回の記事では、芹沢一也さんの『ホラーハウス社会』という本の中の文章を手がかりにして、精神障害者の処遇をめぐる問題を考えています。引用の全文は前回の記事を見てもらうとして、今回参考にするのは引用文中の以下の部分です。

「だが、残念ながら、未成熟や精神の病を理由に裁判から排除されてきた人びとに、正当な法権利を与えようとする方向には事態はまったく進まなかった。
 現実に力をもったのは、一見したところ似ているのだが、その精神においてまったく異なる批判のほうだったからだ。
 その批判とは、そもそも罪を犯したものに、罰を与えないのはおかしいではないかとする批判だ。たとえ少年や精神障害者であっても、犯した罪には責任があるのではないか。厳罰化と呼ばれる傾向が、このような批判を掲げてきた。
 表向きの主張はよく似ている。だが、まったく違うのは、この批判が少年や病者を法的主体とみるのではなく、社会の危険な敵だとみなすものだったことだ。」(『ホラーハウス社会』202-203頁)


続きを読む
posted by aoki at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ロジスティック(3)/青木

前回の記事では、「心神喪失者等医療観察法」、つまり危険な行為を犯した(とみなされる)精神障害者の処遇を決める法律と、その下で使われる精神鑑定のマニュアル「鑑定ガイドライン」の陰湿でしつっこい内容を紹介しました。今回からはまず、このような法律ができた社会的・政治的な背景を、簡単に考えてみたいと思います。

そのためにまず、少し長くなりますが、芹沢一也さんの文章を引用します。今回と次回のぼくの記事は、この芹沢さんの文章を補足的に説明しながら、ぼくの解釈を加えてゆくという仕方で進めてゆきます。


続きはこちら
posted by aoki at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

ロジスティック(2)/青木

これからの話を理解して頂くために、ちょっとだけ今までの記事のおさらいをします。

適応への内圧を高めてゆく社会の中で、適応しないひと、適応できないひとに向けて、権力の側から「法の外」への追放という脅迫が働きます。「お前なんかもう法の庇護の外に置くぞ、どうなっても知らないぞ」という、当初は幻想的な脅迫です。しかし、政治はこの「法の外」という幻想領域を、じょじょに現実化してゆくように思えます。そして権力は、この現実化した「法の外」の領域に向けて、統治のシステムを新たに組織してゆきます。その際、政治は「人間(人格)」を考慮することを放棄してゆくだろうというのが、ひとまずぼくが立てた仮説です。では、リアルなものとなった「法の外」とは、どのような領域なのか。そして、この領域に向けて権力はどのような「技術」を行使するのでしょうか。

ここで一旦、話が飛びますが、2000年に介護保健制度が発足した当時、要介護認定のための一次判定ソフトの不具合が各地で報告されて、メディアにも大きく取り上げられたことを、皆さんは記憶しておられるでしょうか。データを軽めに入力したほうが重い認定度がはじき出されるといったケースまであった、見事なポンコツソフトのことです(現在は改訂版が使われています。少しはマシになったのかな)。当初ぼくは妙な違和感を感じつつも、「ソフトを作ったやつと、ろくにチェックもしないで実施に踏み切ったやつが、アホだったんだろ」くらいにしか考えなかったのですが、今思うと、その時の違和感をもうちょっと踏み込んで考えておけばよかった気がします。

続きはこちら
posted by aoki at 16:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ロジスティック(1)/青木

パート先のテレビでNHKを見ていたら、「第5次医療法改正」と「障害者自立支援法」の問題点に関する特集をやっていました。番組の結論だけ言うと、この先「医療難民」、あるいはそれに類したひとが増えるだろう、ということです。つまり、経済上ないし制度上の制約で、病院での医療やリハビリを受けたくても受けられないひと、また必要に応じた介護サービスを受けたくても受けられないひとが増えてゆく、ということです。ぼくは自分が病気がちだから、とても他人事とは思えません。去年ぼくは一時期本当に無一文になって、医者にも行けなくて、2週間足らずの間ですが、いつも欠かさず服用しているアレルギーの薬を切らしたのですよ。別に強い薬じゃないんですけど、ラストの5日間くらいは結構きつかったなあ。

そこで、気になりついでに、当の「障害者自立支援法」とやらをダウンロードして読んでみたわけです。まず第三条を見てみると、こうあります。「すべての国民は、その障害の有無にかかわらず、障害者等がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営めるような地域社会の実現に協力するよう努めなければならない」。なるほど、理念はわかります。でもその後を読むと(第二十九条など。長い文面なのでここでははしょりますが、第二十九条だけをコメント欄に引用しておきます)、障害者の経済的な自己負担を増やしたいだけじゃないのか、という気がしてきます。障害者とその家族のフトコロに狙いを定めた法律なんじゃないかな、これは。他にもさまざまな問題がある「障害者自立支援法」に関しては、以下のサイトを参照して下さい。リンク先で支援法の中身も読めます。

障害者自立支援法?、最初っからやり直すべし!
http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm

法律がかかげる理念と、その法律が具体化する現実とのギャップ。その理由はどこにあるのでしょうか。一言で言えば、生活者、この社会で生きている人間への想像力が、今の政治には欠落している、あるいは想像力が変質している、ということではなかろうか。あともうひとつ、日本の政治が言葉を大事にしてこなかった、ということもあります。

続きはこちら
posted by aoki at 16:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。