2006年05月30日

過剰適応(1)/青木

文芸評論家という肩書きがつく以上、日本の現代文学をガツガツと読まなきゃいけないんですけど、最近はひまになるとつい海外の翻訳ものに手が出ます。「仕事」という意識がまったく入らない分、読書が純粋に楽しめるからだろうか。こういうあたり、ぼくは今一つプロに徹し切れません。

わりと最近に読んだ本の中で感銘深かったもの、というか今に至るまでずっと考えさせられている一冊に、ケルテース・イムレ(1929-)というハンガリーの作家が書いた『運命ではなく』(岩崎悦子訳、国書刊行会)という小説があります。ハンガリーでは日本と同じで姓が先に来るので、ケルテースが姓、イムレが名です。『運命ではなく』の内容はと言えば、もう実録ナチス収容所ものと言っていいでしょう。ケルテース自身が少年期に収容されたアウシュヴィッツやブーヘンヴァルトといった強制あるいは労働収容所での体験を、後から回想的にいろいろ加味して書くという仕方ではなく、できるだけ当時の少年の感性をそのまま再現しながら記録した小説です。ケルテースはあるインタビューの中で「ホロコースト文学の大半が、体験時には分からなかったはずの事実まで、分かっていたように扱っているのに違和感を感じていた」(あとがき、285頁)と語っています。ぼくは最初この小説を、ナチスの非道さを生々しく暴くドキュメンタリー・タッチのヒューマニスティックな作品だと半ば予想して読み始めました。

確かに生々しくはありました。ケルテースの記憶力は大したもので、収容所の細かい事実までよく覚えています。でも普通の意味でヒューマニスティックというのとは、ちょっと違いました。ラスト間際の一文が象徴的です。「そうだ、いずれ次の機会に誰かに質問されたら、そのこと、強制収容所における幸せについて、話す必要がある」(278頁)。「強制収容所における幸せ」、あらあら、ショッキングな言葉でした。どういう意味なのでしょう。ひとまず少年の言葉を聞いてみましょう。

続きはこちら
posted by aoki at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

ビラまき青年逮捕事件に対する池田のスタンス(2)

■前回のエントリーで、昨年末におきた早大ビラまき青年逮捕事件に対しては、左翼的なスタンスも批評的なスタンスもとらないことと、その理由を述べた。ではこの事件に対して、私はどのような態度を選択するのか。

□当面それを「当事者主義」と名づけることにする。前回も少しふれたが、人間は様々なトピックにおける「当事者」として生活している。あるトピックにおいて革新的でも、べつのトピックにおいては保守的かもしれないという話だ。そう考えると、人間は無数のトピックにおいて、その場所の「当事者」としての態度を選択しているということになる。

□それをふまえて、検証、疑問あるいは抗議というような言説の射程を、当事者としての私がみえている範囲に削り込んでいくという作業を、やってみたいと思う。



■法律の当事者■
□まず私は、日本国の法律にしたがい、日本国で生活を営んでいる。つまり法律というトピックにおいては、私はつねに当事者である。
続きはこちら
posted by ikeda at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 池田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

学問から解き放たれる権力(3)/青木

(前々回、前回から引き続いて、前田雅英氏の刑法理論を論じています。)

それにしても、まがりなりにも刑法「学者」である前田氏が、なぜ刑法学そのものを非学問化するような立場に立とうとするのでしょうか。自分で自分の食い扶持を減らしてるようなものではないか。そういう素朴な疑問がわきます。ここを考えるためには、彼が「社会」をどう見ているかを論じなければなりません。前田氏は刑法の運用を「国民の意識」(『刑法から日本をみる』13頁)に合わせていくという点をいつも強調します。ところで、このひとの本の中にはやたらと「国民の規範意識」とか「国民の常識」といった言葉が出てくるのですが、その実体はさっぱりわかりません。それどころか、「……少年の犯罪を増加させてきたのは『社会』であり」(『少年犯罪』はしがき)と言い、戦後の社会の流れを犯罪化の歴史として批判しているのだから、余計に変な感じがします。

しかし、それもそのはず。前田氏は別に「国民の意識」とやらをきちんと歴史を吟味して考えているわけではありません。少なくともぼくの読んだ本の中には、そういう努力の跡はうかがえません。むしろ、治安の観点から(けっして厳密に法の観点からではありません)彼が要求する「規範」に従うよう、曖昧で同質的な「国民の意識」なる「気分」を作り上げようとしていることが、特に『少年犯罪』『日本の治安は再生できるか』という2冊の本からは感じられます。イメージの操作が露骨なのです。

そして、実はここにこそ彼の首尾一貫性があると言えます。簡単に言っちゃえば、前田氏は刑法学者として法律実務のチェック機能を果たすというカウンター・パワーである役割をはるかに超えて、むしろ積極的に「国民の意識」とやらを作り出し操作すること、そうすることで統治的な権力を間接・直接に行使することを目指しているのです。そこがわかれば、上記の2冊の著作の狙いもわかります。サブリミナル効果でも狙っているのかと思われるような、時に意味不明ですらある写真の挿入は、この2冊の本が学問のための著作ではなく、読者の意識をコントロールするために書かれた本であることを証しています。内容はともかく、その編集のテクニックは、巷で配られている宗教パンフレットと同じたぐいのものです。統計にこだわり続けるところは、ひょっとしたら初期の「違法性は客観的事情を基礎に判断されるべきである」(『可罰的違法性論の研究』558頁)という考えに忠実であろうとするためかもしれませんが、出典の明示されていない統計資料の活用などは「客観的事情」のねつ造ではないかという疑いを残します。

前田氏は言います、「犯罪を抑止することにとって重要なのは、裁判所や警察である前に家庭であり、学校であり、社会なのである」(『日本の治安は再生できるか』199頁)。では、その当の「社会」とはいかなるものでしょうか。彼が語る現代の「社会」とは、常に不審な少年少女がいる「社会」(『少年犯罪』7,8,9章参照)、常に不審な外国人がいる「社会」(『日本の治安は再生できるか』第二章参照)、さらに言えば、離婚率が高く子供を非行に走らせやすい環境を作る困った女性がいる「社会」(『日本の治安は再生できるか』第四章参照)です。「不審者」という内部の敵を抱え込み、今後も生み出し続ける「社会」、そしてこの内部の敵をつねに監視し、非難し、排除し続けなければいけない「社会」__これこそ前田氏が作り出そうとしている社会像です。そして、彼が語る「国民の意識」とは、こうした「不審者」を積極的に作り出し排除するよう統治に組み込まれ、コントロールされた意識に他なりません。

この社会像に応じて、前田氏の活動は理論的なものから実践へと移行しつつあるように見えます。前田氏は現在、首都大学東京で教鞭をとりながら、インターネット関連企業の代表や識者によって組織される「総合セキュリティ対策会議」(これはネット監視の「ホットライン」設置のための委員会です)の委員長、また警察庁設置の「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」の座長を務めています。日本の状況がファシズム化してゆく際に、統治権力にとって情報産業の支配と情報操作は要となりますから、この点でも前田氏の姿勢は一貫していると言えます。現在の政治は、単にネット上で情報の規制を行なおうとしているだけではありません。インターネットを含めたメディア全体を「統治の場」として組織し直すことを目指しています。「『不審者』という内部の敵を抱えた『社会』」というイメージは、メディアを統治の実践的な場として再編成するには、まさにうってつけの出発点になります。その際、まずエロと青少年がターゲットとなり、そこから侵食的に展開してゆく仕方でメディア全体が包囲されてゆくプロセスに関しては、『ネオリベ化する公共圏』(すが秀実・花咲政之輔編、明石書店、2006)の中の松沢呉一さんの文章「『エロ』から始まる」が参考になります。いずれナボコフの『ロリータ』が禁書になる日が来るかもしれないな。今の内に映画のDVDも買っとこっかな。

監視の目が行き渡ってきた社会においては、市民からの逆監視の目も多少は有効です。これから先、特に「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」が何をやらかすかは、注目しておくといいと考えます。委員のメンツもすごいですよ。以下に研究会のURLを記しておきます。

http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen29/Virtual.htm

前田氏の活動は、権力が学問から解き放たれてゆく事態を通じて、権力がリアルに「法の外」へ逸脱しようとする瞬間を見事に反映していると言えます。彼の現在の理論の根底にあるのは、法への思考ではなく、「法の外」という幻想を現実化しようとする統治のシステム内部での実務、いや、もはや本来の意味の(法律)実務ではなく、社会を内的な「臨戦態勢」に置く管理のための「テクノロジー」そのものです。もちろん、前田氏の言論だけを論じて刑法学全体が変質していると結論づけるわけにはいきません。今なお「学者」の役割を自覚して刑法に携わっているひとも多いと思います。ただ、刑法とその周辺領域が急激な変化を迎えている現在、いわゆる進歩的な学説の内部にもこの先、変質の兆しが現われてこないともかぎりません。その点は今後、ぼくも注意していこうと考えています。

(やっと一段落つきました、ふう。次回は少し脱線して、自分の経験や文学ネタも入れながら、過剰適応について書こうかなと思ってます。)
posted by aoki at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

ビラまき青年逮捕事件に対する池田のスタンス(1)

まず私はとくに左翼ではないと自己規定している。人は、あるトピックにかんして「革新的」だったとしても、べつのトピックでは「保守的」だったりするものだと考えているからだ。

たとえば、「国家」というトピックにおいて革新的な人間が「それ以前の共同体」というトピックについては保守的だというような状況は、じゅうぶんに考えられる。おなじように「セクシュアリティ」というトピックでは革新的な考えをもっている人間が、新自由主義的な状況に対しては寛容だったりとか、セクシュアリティについて保守的な人間が、その他の人間的「規範」に対しては革新的だというようなこともあるかもしれない。つまり、すべてのトピックにおいて革新的だというようなポジションを、たかだか身体的な存在にしかすぎない人間はとることができない。そのようなポジションをとる人間は、なにか壮大な幻想、たとえば幸福な無政府状態などを内面化しているのではないか。いまのところ私はそのように考えている。

したがってこの事件にかんしても、左翼的なスタンス(よく考えてみればそれが何なのかもよくわからないが)をとらないつもりだ。また、しばらくは「批評家的」なスタンスもとるつもりもない。ここでいう批評家的ポジションとは、事件の当事者として問題を解決する態度ではなく、その問題のありようを、その問題が(それとして)おこる条件にまで遡り、たとえば問題それ自身に内在する関係者の利害関係を暴露するような態度のことである。

今回の件で、最も簡単な方法で批評家になれる方法は「そもそも論」を唱えることである。「そもそもビラまきなどという行為はアナクロで自己満足的な左翼の様式以上の何ものでもないではないか」というようなタイプの見解のことである。メーデー弾圧事件の時もそうだが、ブログ等でたまにみかける主張でもある。いやまったくそのとおり。そう仮定してみよう。そもそも大学のキャンパスでビラをまくなんていう行為は、非効率的で時代錯誤だけではなく、迷惑でさえもあるかもしれない。しかし、そのことと、それによってビラまきの主体が大学の教職員によって「逮捕」されることとは、まったく何の関係もない。これがこの事件についての私の見解である。

それと同様に「この逮捕事件に抗議するということは、その逮捕された青年の団体の利益に荷担することになる。その団体が危険だったらどうするんだ」というような意見もあるかもしれない。まったくそのとおり。これもそう仮定してみよう。そもそも抗議文の「呼びかけ人」になるということは、当該団体に利用されることになるはずで、そのことがわからないで呼びかけ人にになることは、自分だけは心の清らかなつもりでいる独善的な知識人きどりではないのか。仮に当該団体がエゴイスティックで危険な団体だとしよう。この事件に抗議するということは、その団体の利益に荷担することになる。それでいっこうにかまわない。しかしそれは私が人間の利害関係に盲目だからではなく、そのことよりも、この事件を沈黙によって「了承」してしまうことの方がよほど危険だと判断したからである。つまり逆にいえば、この事件を考えるにあたって、当該団体にシンパシーや信頼をよせる必要はないのである。これもこの事件についての私の見解である。

もし、抗議文の呼びかけ人が当該団体の「仲間たち」のようにみえるならば、つまり呼びかけ人の行為がなにか「プライベート」なもののようにみえるとするならば、それは呼びかけ人が、呼びかけ作業を当該団体に「丸投げ」しているからである。これはひとえに私をふくめた呼びかけ人の怠惰によるものである。あるいは、問題をクリアカットする作業をさぼっていたからだとも考えられる。このトピック限定の共有ブログは、そのことの反省から思いついたものだ。それでは、いったい私はどのようなスタンスで、この事件にかかわろうというのか(つづく)。
posted by ikeda at 13:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 池田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

学問から解き放たれる権力(2)/青木

(前回から引き続いて、前田雅英氏の刑法理論を論じています。)

前田氏は、検事や裁判官に現在よりも強い権限を求める一方で、憲法判断に関しては司法、たとえば最高裁は「行政の問題、立法の問題は、判断すべきではない」(『刑法から日本をみる』226頁)と回避します。詭弁のようにも聞こえますが、おそらくその理由は、彼が実際には司法を法からではなく、「社会」(かっこつきです。統治の側からイメージされるだけの「社会」です)に向けて考えているからです。前田氏の主張の眼目は、刑法理論の実務化による司法全体の治安効果の強化にあります。「……法解釈を行なう裁判官、検察官、警察官は、まさにこの価値について日々決断しなければならない。法理論の側もそれに対応して、いかなる利益を刑法を用いてまで保護するか、を考えなければならない」(『日本の治安は再生できるか』ちくま新書、2003、183頁)。この主張をさらに拡大していけば、政治の中で司法そのもののあり方を内的に改造することへ向かいます。罪刑法定主義と三権分立に対する彼の見直し論もここから理解しなければなりません。「刑法でも、罪刑法定主義の中身にはいろいろあり得る。一九世紀ヨーロッパ型の三権分立が、今の日本にいいとは思わない。法律をきちっとつくって、それで実務家を縛れば国民主権につながるかというと、嘘だと思う」(『刑法から日本をみる』208頁)。

前田氏は新派刑法学に親近感を抱きつつも、自分の理論を新派と旧派を「止揚」(『刑法から日本をみる』32頁)するものとして提起しますが、ぼくは新派とも旧派ともまったく別物だと考えます。新派刑法学というのは、日本では明治中期頃から発展してきた社会防衛的な刑法理論で、犯罪行為よりも犯罪者の主観に重きを置き、犯罪の社会的原因の除去や刑罰の治療的な効果を目指した理論と言えると思います。今の言葉でいえば、典型的に規律・陶冶 (ディシプリン)型の理論です。新派刑法学が犯罪者の内面の危険性を規定しようとしたとき、その論拠として登場したのが精神医学です。このことは、芹沢一也さんの『<法>から解放される権力』(新曜社)という著作にくわしく論じられています(これはとてもいい本で、確か池田さんも好きだったはず)。ところが、前田氏の刑法理論は社会学や精神医学から刑法を解き放とうとするものです。たとえば、法社会学に関してはこう書かれています。

「一方、法社会学というのは、むしろ民法なら民法、刑法なら刑法、各分野の中に吸収され尽くされちゃったという感じがします。だから、法社会学一般という学問が消えてゆく……。」(『刑法から日本をみる』81頁)

また前田氏は、裁判官が精神鑑定の結果に左右されないこと、したがって精神医学の影響から離れることに意義を認めます。

「ちょっと前の、戦後の科学主義万能の時代は、医者が言うとそれに従う。鑑定というのはすごく重視されたんだけど、それがかなり動いてきた。評価の問題は、ある部分常識でいくんだというふうに変わったというのが、日本の責任能力論の動きですよね。」(『刑法から日本をみる』76頁)

彼はこの文脈から、宮崎勤事件の判決に関しても「……そもそも、医学に全面的に従う必要はない」(77頁)と言い切ります。でも、別の本では「……精神医学分野における『性格異常』の研究の深化は、喫緊の課題である」(『少年犯罪』209頁)とも書いてますが、これは「性格異常」という言葉がはっきり示しているように、法律実務に寄り添った犯罪精神医学へのエールにすぎません。前田氏自身がはっきり言っているわけではないのですが、おそらく彼が刑法理論として現在依拠しようとしているのは、七〇年代半ばにアメリカで主張された「威嚇抑止刑論」ではなかろうか。この理論は「……人間は誘惑に弱いものであって(性悪説的人間観)、人間の性格など矯正できるものではないとして、実証主義犯罪学への不信感を示す」(『少年犯罪』184頁)ものだそうです。このような理論からなら、「性格異常」者はもはや矯正や保護の対象ですらなく、単に「不審者」として排除の対象とされるでしょう。

刑事政策が人間科学から切り離されることなど大したことじゃない、と思われるひともいるかもしれませんが、これは刑事法上は一大転機と言えるほど重大な事態です。今ぼくの手許にある『基礎から学ぶ刑事法 第3版』(井田良著、有斐閣、2005)の中にも、刑事政策の基本精神として人道主義、法治主義、国際主義と並んで「科学主義ないし合理主義」(74頁)が挙げられています。この内、人道主義、法治主義、科学・合理主義は、べッカリーア以来の遺産だそうです。科学はひとまず、憶測や仮定でひとを裁いてしまう危険から市民を守ります。歴史の現時点で、科学主義から切り離された刑事政策は、場当たり的な権力の濫用になる可能性のほうが大きいと言えます__と言いたいところですが、今の世の中、「科学」の名の下に政治にすり寄るエセ学者もウヨウヨいるからなあ。何ごとも見極めが肝心。

(あと少しだけ続きます。青木)
posted by aoki at 00:17| Comment(2) | TrackBack(12) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

学問から解き放たれる権力(1)/青木

まず以前の記事で書いたことをやや発展させながら、少しまとめておきます。現在の社会で起きている階層化の動きの中で、差別する側から差別される側へ向かうベクトルで「法の外」、つまり「法の庇護から排除する」という、幻想としての共同観念が生じます。この幻想の根底には、権力の編み目の中に「非人格」という奇妙な空白が開いてしまったという事情が見え隠れしています。会社中心主義が壊れた後の新たな社会編成の内部で生まれてきた行政の声の届かない領域、たとえば「ニート」というイメージで表象される領域を、統治は一旦「非人格」という空白のカテゴリーに囲い込んだのです。しかし、この「非人格」という空白は、行政にとっても危険な空白です。権力はこの空白を新たな統治のシステムで再編成する必要があります。システムの構築と同時に、新たな社会像が形成されてゆきます。たとえば「不審者」という言葉が指し示すのは、浮かび上がってきつつあるこの新たな社会像と関係しています。つまり、「つねに『不審な』階層が存在する社会」という像です。この社会像がうまく機能すれば、政治は社会を常に内的な「臨戦態勢」に置くことができます。しかしその際にも、統治は市民を「非人格的に」掌握する手段を継続すると予想できます。ただその手段を繊細にするだけです。政治は「人間(人格)」を放棄しつつある、というのがひとまずの結論です。

もちろん以上は、ぼくの仮説に過ぎません。しかし、検証する方法はあります。政治が「人間(人格)」を放棄する過程で起こる事態は予想できます。そのひとつは、権力が学問から解き放たれてゆくという状況です。ここで言う「学問」とは、ひとまず主に「人間」を探究する学問、すなわち精神医学や社会学といった人間科学(人文科学)を指します。大学がこれから置かれてゆく状況を考えるのにも、ぼくはまずこの事態を踏まえておきたいと考えます。最初に現在「刑法学」の内部で起きている変化を調べてみたいと思います。

今回取り上げるのは「ポストモダンの刑法理論」(前田雅英・藤森研『刑法から日本をみる』東京大学出版会、1997、23頁、以下この本からの引用はすべて前田氏の発言です)を自称する前田雅英氏のいくつかの著作です。前田氏の考え方は実は思いっきりネオリベで、その意味では突っ込みどころ満載なのですが、ぼくがここで目指しているのはネオリベ批判ではありません。あくまでも、権力が学問から解き放たれてゆく状況で起こる出来事の分析です。前田氏の立場は「実質的犯罪論」と呼ばれる立場らしいですが、そうした専門性にも今は係わりません。ぼくもよく知らないし。

のっけから結論を書いてしまうようなもんですが、前田氏の刑法理論の根本にあるのは以下の考え方です。

「私の考え方は、一言でいうと、刑法理論が、少なくとも二一世紀の前半は、いろんな意味で実質的な方向に動いていくというものなんです。その『実質』を担うのが法律実務家だと考えているのです。法律実務家の『価値判断』を尊重すべきだということなのです。もちろん、学者というのは、実務を少し離れたところから冷静に見ていて、具体的妥当性に振れすぎるのをチェックする役割は持ちますけれど、国民の規範意識を踏まえて、具体的事案に対して価値判断を行う作業に関しては、実務家を基本的に尊重するということです。」(『刑法から日本をみる』22-23頁)

うーん、わかりやす過ぎるぜ。この本を読む前にぼくは池田さんにメールで、もし権力が学問から解き放たれてゆくなら「刑法理論は統計から把握される社会像に合わせた功利的な実務に変容する。」と予想を書いたのですが、なんだよそのままじゃん。分析のし甲斐がない。ちなみに前田氏は『少年犯罪−統計からみたその実像』(東京大学出版会、2000)という著作を出しているくらい統計好きですが、統計の扱い方にはネット上でも多くの批判が出ています。ひまな方は、検索をかけてみて下さい。ぼくは統計操作よりも、統計そのものに与えられている意味合いのほうに関心があるので、データの真偽に関しては判断を保留します。なお「法律実務家」という言葉は、主に裁判官・検事・弁護士を指すらしいのですが、前田氏の念頭にあるのは特に刑事司法、つまり検察と警察、それに加えて裁判官といったところでしょうか。それはともかく、せっかくだから前田氏の主張をもう少し細かく見ていきましょう。

初期の理論的著作『可罰的違法性論の研究』(東京大学出版会、1982)をチラ見してみて、ぼくが理解できた範囲で言えば、その後の前田氏の刑法理論にも一貫しているのは、法律実務を重視した判例中心の法解釈という点と、あともうひとつ、後に問題にしますが、国民の意識なるものの重視という点です。刑法学の専門書はまさに専門用語の狂い咲きといった感じで、それはそれで元哲学畑のぼくには面白くはあるのですが、引用にはあまり向きません。註の中の前田氏の文章から、比較的わかりやすい一文を引き抜いておきます。

「客観的に一定の重さをもった物質を天秤にかけるのとは異なり、犯罪行為の違法性は、その国とその時代によって異なる国民の価値意識を背景に、裁判官により慎重に決定されざるを得ないのである。」(『可罰的違法性論の研究』529頁)

ちなみに「可罰的違法性」というややこしい概念が実際に法廷で持ち出される事案の多くは、公安・労働事件です。「ビラ貼りと建造物損壊罪との関係」では、前田氏は「一応一〇〇〇枚程度が相対的軽微型の目安」(『可罰的違法性論の研究』534-5頁)と述べています。何言ってんだかよくわかりませんが、たぶんビラ千枚程度貼るだけなら「大したことないから、無罪でいいんじゃねえの」という意味じゃないかな。ビラ撒きだったら、どの程度なんでしょうね。ちょっと聞いてみたいところです。

この八十年代の著作からうかがえる限りでは、当時の前田氏は特に厳罰主義者ではなさそうだし、形式的な必罰主義とは遠く離れています。彼のその後の理論の特色も、別の場所に求めるべきだとぼくは考えます。

(長くなるので一旦ここで切ります。青木)
posted by aoki at 13:06| Comment(3) | TrackBack(1) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

デモ申請等/池田

デモ行進の法令上の手続きの取り方
デモ申請のノウハウについて簡潔に紹介されてます。

デモ申請始末記
かなり具体的に書かれていて、参考になります。

イラクへの戦争NO! 渋谷デモのご報告
渋谷でのデモのレポート。写真をみると警察がまったくいません(笑)

メーデー救援会
今回の弾圧事件もちらほらニュースになっているようです。DJのヘッドフォンの無惨な姿も。

2006年05月12日

5・11緊急集会レポート

仲間を返せ! メーデー不当弾圧を許すな5・11緊急集会


主催者によると、当日は140名くらい来たという。デモの参加人数より多い。あたりまえである。今回の逮捕がアリだとすると、デモ自体が警察の気の向くままに違法行為として取り締まることのできる行為になってしまうのだ。このデモの趣旨に賛同できない人でも、このことの深刻さと緊急性はわかるはずだ。以下、池田の記憶と印象にもとづいた、かんたんなレポートを記す。




デモ当日の映像
昨年おこなわれたデモの映像ひとつと、今年の映像ふたつを上映。昨年のデモを上映したのは、今年の警備がいかに尋常でなかったか確認するため。

今年の映像、ひとつめはこちらでみることができる。サウンドカーを持っていかれた直後の、デモ隊の手持ちぶさたな様は、なかなか絵になっている。

もうひとつの映像は、これよりも近くで撮られていて、警察の行動もよくわかった。会場でも話題になったが、警察がDJに「ワープロ」で打ち出した「警告文」を見せていた。このことは警察が今回のサウンドデモを最初から違法行為として、取り締まるつもりだったということを証明している。そうなると、やはり最初のデモ申請は何だったのかという疑問がのこる。ふつうに考えると

デモ申請 → 許可 → やはり駄目 → 主催者に連絡「すいません、上が駄目だって言うもので」

これが常識だろう(私なにかヘンなこと言ってますか?)。ところがこの打ち出しが意味しているのは

デモ申請 → 許可 → 駄目 → ワープロ打ちだし → 違法行為として警告&逮捕

という流れである。この「許可」と「駄目」のつじつまを、警察当局はどう説明するのか。それとも最初から弾圧するつもりで「許可」を出したというのか。

その他、いろいろなことがわかる映像だった。レイバーネットさん、是非こちらもアップして下さい!



被逮捕者のコメント
幸いなことに逮捕された三人は11日の時点で、みな解放されている。いや考えてみると幸いでも何でもなくて、いちばん長い人で10日以上も拘留されていたのである。そのうち二人が挨拶&レポート。へこんでいる様子はなく、きっちり笑いをとっていた(しかしよく考えてみると笑えない話ばかりだった)。以下略。


毛利嘉孝氏のコメント
主催者から「知識人」と紹介され、苦笑しながら登場。二点ほど。

・イギリスのデモの様子を紹介。過激なデモだと、道路全面封鎖&申請なしで行うらしい。どうやって道路を占拠するかというと、わざと交通事故を起こして、会場をつくると同時に、市民の注意をひいて参加をうながすらしい。そのようなダイナミックなデモと比べると、今回のデモのなんと大人しいことよ。しかしその一方で、一般の、というかデモなど参加したことのない人にとって、デモのイメージは、イギリスの例ではないかという気がする。だとすると、今回の弾圧も「デモで逮捕者がでるのって当然でしょ」ということで、この逮捕の異常さも理解されない可能性もあるのではないか。そのような疑問が生じた。

・今回のの「サウンド」デモの弾圧といい、共謀罪、教育基本法改正案の問題といい、権力が国民の「情動」というか「内心」をコントロールしたがっているのではないか、という問題を提起。個人的には、この問題は非常に重要だと考えている(ため書くと長くなるのでとりあえず省略)。

2006年05月09日

法の外(3)

今回はちょっと脱線します。ぼくはもともと政治や社会事象が得意のフィールドではないので、そろそろ文学についても少し話したくなってきました。

以前、ガタリか誰かの本の中で、エベレストで死ぬひとの半分くらいが日本人だ、という話を読んだ記憶があります。本当かどうか確かめたわけではないのですが、妙に納得しました。というのは、その当時からぼくは日本人の法意識、というか「法」というものへの感受性について大きな関心があったからです。この問題は、ぼくの中でまだ全然決着はついてません。ひとまず想定しているのは、日本人の民族的な心性の奥には、「自分の命を捨ててでも守るべき『法』が存在する」という感覚が根強く残っているのではないか、ということです。ぼくはこの感覚を一概に批判したくはありません。むしろ、歴史的な心の問題として、強い興味を抱きます。ただ、政治的に利用されやすい心性だとは思います。

日本の作家の中で特に「法」への感受性が鋭いのは、森鴎外と三島由紀夫です。二人とも官僚経験者というのも面白い。晩年の境地(鴎外の史伝、三島の革命行動)が難しいのも共通してます。この二人の作家は、「法」への感受性が鋭いだけに、「法の外」についても鋭い感覚を持っていました。というか、「法の外」の状況を見事にヴィジョン化することのできた作家でした。さらに二人に共通して言えるのは、「法」を重んじる思考の裏側に実は強烈なアナーキズムを秘めていることです。この二人の作家の「法の外」のヴィジョンの根底にはアナーキーな欲望があり、さらにそれが翻って「法」への思考を変容してゆきます。鴎外と三島は、「法」と「法の外」との間のこの緊張関係に生きた作家だったと思います。

ですから、ぼくが「法の外」という言葉を使うとき、実は否定的な意味ばかりを考えているわけではありません。むしろ、メディアや行政が投げつける「不審者」や「犯罪予備軍」という言葉が言外に含んでいる「法の外」という幻想を逆手にとって、(たとえばそれを「無所属の寄生者」と翻訳することで)、「法」をめぐって何か新しい戦略を思い付けないかと考えているわけです。まだ試行錯誤ですけどね。ただ、三島がやったような自爆テロ的な革命行動は考えてませんよ。そんなことしたら、それこそ『阿部一族』や『大塩平八郎』の悲劇の再現です。重要なことは、「法の外」をポジティブに捉えるためには、まずこの幻想の共同性を無化する必要があることです。ひとまず、個人個人が極私的に頭の中で「法の外」という観念のパロディーを作るところから始めるといいと考えています。そういう場合、すぐれた文学は参考になります。

「法の外」、英語で言ったらアウトロー(outlaw)、ちょっとかっこいいですね。でも、昔は「アウトロー」を殺しても罪にはならなかったらしいですね。辞書にそう書いてあります。ドイツ語にはさらに面白い「フォーゲルフライ(vogelfrei)」という言葉があります。「法の保護を奪われた、法益をはく奪された」という意味ですが、単語そのものを直訳すると「鳥の自由」です。ニーチェには「プリンツ・フォーゲルフライ」という詩があります(「プリンツ」は王子の意味です)。『メッシーナ牧歌』に入っています。ニーチェは自分を「フォーゲルフライ」な者、すなわち「法の外」にいる者、そして鳥のように自由な思想家と考えていたのでしょう。好きな詩なので、冒頭の二連を引用します。

「こうしておれは曲がった木の枝にとまり/はるかな海や丘陵を見おろしている。/一羽の鳥がおれを賓客として招いてくれた。/そのあとについておれは飛びに飛び、また休み、/小さな羽をしきりと動かした。
白い海はまどろんでいる。/おれはすべての悲哀と嘆息を忘れた。/目標も、寄港地も忘れた。/恐怖も賞讃も刑罰も忘れた。/いまではどんな鳥のあとでも追っていく。」(氷上英廣訳)

現代作家だと多和田葉子さんが、鴎外や三島とはまた違った意味で、「法」に対する感覚が鋭いです。最近の作家の中では、ちょっと珍しいタイプです。ぼくは多和田さんの作品が大好きで、今後の日本文学はこのひとの思考をどんどん吸収したらいいと思うのですが、これはいささか厳しい注文かもしれない。多和田さんの作品は、従来の日本文学の枠にはおさまらない異質な要素をたくさん含んでいますから。でも、「法の外」という共同観念をパロディーにするには、このひとの作品は格好の手本になります。たとえば、『変身のためのオピウム』という小説の冒頭近くに、こんな文章があります。

「前から問題になっていた新しい法案がついに可決され、下半身の治療については保険がきかないことになった。これからは下半身の器官を上半身に移植する手術が増えるだろう、とラジオで社会情勢評論家が言っていた。」(一)

いきなりかましてくれます。わけわからん強引な法案に対して、これまたむちゃな移植手術によって応対するわけです。いろんなイメージが湧いてくる文章です。基本的に多和田さんの作品では、法に適したものと違法なものとが相互にくるくる転化して、しまいには「合法性」が宙吊りになっちゃう世界が描き出されています。こんな文章もあります。

「膣から頭髪の分け目まで、身体を貫いて、毎秒一本の管が伸びる。それは、解剖学者たちが色分けした内臓を押し込んだあの身体ではない。毎日、鏡に映るあの身体でもない。毎月、生命保険会社が売りつけにくるあの身体でもない。それにしても、たくさんの身体が次々配達されてくるものだ。いったい、いくつ身体を引き受けろと言うのだろう。中には、未登録の身体もある。たとえエロスに満たされていても、性行為には不便な身体もある。そういう身体は法に反しているのかもしれないが、目に見えないので罰せられることもない。」(四)

この「未登録の身体」のイメージなんて、「法の外」の見事なパロディーになってます。どことなく「無所属の寄生者」にも似てるでしょ。どことなく、ですけど。この方向で、「法の外」という幻想領域の共同性を無化していければ、きっと面白いはずです。それにしても「たとえエロスに満たされていても、性行為には不便な身体」って、どんな身体なんでしょう。ドラえもんみたいなやつかな。想像がふくらみます。

現在、日本の文学も岐路に立っています。個々の作家が政治や社会について発言する必要は必ずしもありませんが、あまり現状に甘えていたら、小説を中心とした文学が、池田さんの言うように、現実を見えなくさせるためのシールドになってしまう危険は確かにあるのです。ただ、危機の時代は、新たな活路が見つかる可能性の時代でもあります。文学も今が正念場、ふんばりどころです。その際、「読書」が変わることも文学が進化する重要な要素です。というか、本当は「読書」が変わることが、文学が変わる一番の近道です。文学を作家や批評家が主導するものと考える理由なんか、どこにもありません。そこで、今一番「読書」に対して刺激的かつ挑発的な多和田さんの作品の文章を引用してみました。

ここから先、じっくり考えたいことが多いので、ぼくの記事の更新のペースは多少遅くなると思います。どうか御容赦下さい。次回からは「学問から解き放たれてゆく権力」というテーマで記事を書いてゆく予定でいます。
posted by aoki at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

抗議集会の案内等

「仲間を返せ! メーデー不当弾圧を許すな5・11緊急集会」メーデー救援会
当日は、デモの映像と、弁護士の見解(調整中)がきける予定。あと「識者」として毛利嘉孝氏が参加予定。彼の著作はこちら

「当日の動画(レイバーネット)」メーデー救援会」
映像といえば、こちらでサウンドカー徴収のときのビデオ映像をみることができます。アナウンスをきいてみると、警察がいかにして、デモ隊を「迷惑集団」あるいは「不審者」として表象しようとしているかがわかります。またむちゃくちゃな指示の出し方に、何とかしてデモ隊を「キレ」させようとしていることもみてとれるでしょう。参考になります。

2006年05月05日

法の外(2)

一体この数年の間で、日本では何万人にひとが自殺したのだろう、さらにその記憶に苦しんでいるひとは何倍になるだろうと考えると、暗く深い穴の縁に立って自分も落っこっちゃいそうな気分になります。ぼくも生活が苦しいし、最近は頻繁にボーッとするし、自分の限界みたいなことを痛切に感じます(年齢のせいもあるけどさ)。以前ぼくは、自殺者の多い昨今の状況を「非常時」と書いたことがあります。「非常時」という言葉は小林秀雄から借りたんですけど、ちょっと意味をずらして使ってみたわけです。この点に関して想像力のない政治家も学者も、ぼくは信用しません。何が少子化対策だ、バカヤロー。

鬱病や境界例と言われるような現在の精神の病いの多くは、社会構造の変化にともなう「公害」と言っていいでしょう。個人の問題以上に、社会総体の問題です。余談になるけど、実はぼくは早稲田の大学院に長いこと在籍していて、大学院の雰囲気はよく知っているのですが、マジメな院生は精神的に苦しみますね。ぼくはクソ生意気な不良でしたから、精神的にはあまり苦しまなかった。アトピーがひどかったけど。それはともかく、なんらかの組織の内部で生きる人間にとって、その組織の変化は否応なく心に作用します。そして、日本人は否応なく日本の社会組織の内部で生きてます。この二十年来の社会の変化は、多くの市民にとって「戦争」といっていいほどきつかったし、死者を大量に出し、今も出しています。このことをぼくは絶対に忘れないつもりでいます。

そこにきて、近頃の政治家たちの「格差」容認発言です。彼らの発言は、一見、資本主義内部でのダイナミズムについて語っているように響くかもしれませんが、それは仮装で、本音は違うとぼくは自分勝手に解釈してます。あれは、社会の階層化に本格的に着手するぞ、という脅迫みたいなもんです。ぼくは「格差」の意味を、経済的な「階級」よりも政治的な「階層」として捉えています。そして、なぜ階層化という脅しが必要かと言えば、第一の理由は管理の効率化です。

管理のシステムが大きく変わる場合の最大の理由は、従来のシステムでは効率的に高くつき過ぎてしまうという、実にプラグマティックなものです。職種も多様、家族形態も多様、性行動も多様、しかも個人が日常の場面で多チャンネル的にライフスタイルを変換する現在の世の中では、行動の規律とか精神的陶冶といった管理の仕方では、もういくら税金を注ぎこんでも足りないし、空砲に終る可能性のほうが大きい。監視のシステムは急速に発展しつつありますが、ウィニー騒動に見られるように、情報テクノロジーの進化はいまだ突然変異的で、監視する者が監視(のぞき見)されちゃったという逆効果も生じています。これじゃパノプティスム(一望監視方式)すら成り立ちません。そこで、社会の中に一定の階層の閾(しきい)をあらかじめ設けておいて、その内部にいれば法的な保護や福祉の対象になるけど、その閾から一歩外へ踏み出したら、もう「法の外」だぞ、どうなっても知らないぞ、という極めてシンプルな幻想の一線を引くことで、まずそこからなんとか効率的な管理の仕方を権力は作り出そうとするわけです。早稲田大学の一連の対応も、こうした管理の仕方を野暮ったいほど露骨に真似しています。

「法の外」という幻想が、幻想とはいえ恐ろしいのは、「法の外」にいる人間に対しては何をしても構わない、つまり適法か違法かなんて考えないでどんな行動や処分に出てもいいという感受性を導くことです。「法の外」では、合法性について考えないですむからです。この瞬間に、権力は「法の外」にリアルに逸脱します(ここは重要なので、別稿でもう一度考えます)。ところで、スポーツが戦争のシミュレーションの一面を持つように、犯罪は社会管理のシミュレーションの一面を持ちますが、最近の犯罪者たちはこの「法の外」という幻想を治安権力と共有している感があります。同じ感受性、あるいはシミュレートされた感受性です。私たちは、犯罪からも社会について学ぶことができます。

で、格差容認発言に戻りますが、あれは幻想の階層化を実体化しようという作戦、要するに「現実に『法の外』に置かれるべき階層が存在する」という合意を、行政能力をフルに行使して作り出そうとする高度な(というかサイテーな)政治判断の表現ではないでしょうか。しかも、メディアがこの数年一生懸命に煽ってくれたおかげで、こうした「法の外」の階層をイメージすることは実に容易になりました。「フリーター」から「ニート」への一連のイメージの流れがそれです。これらの言葉がメディアに登場したとき、そこには必ず「社会の寄生虫」、ろくに働かないで社会に寄生しているやつら、というイメージがくっついていました。この十年、若者にろくに就職口も与えなかったくせに何をぬかすか、という気がします。それにもともと社会というものは、寄生虫の寄り集まりみたいなもんです。資本家は労働力に寄生し、近代国家は資本主義に寄生して、ラクな生き方を見つけたのです。なのに、なぜ「ニート」のイメージが階層化の核になるかと言うと、行政側から見て「ニート」があまりに「無所属」だからでしょう。会社中心主義で市民社会を編成してきた戦後の行政は、組織への「所属性」を拠り所にして管理・徴税・福祉・教育といった政策を実行してきました。日本の行政は、まだこの方式を捨て切れていません。学者も同様です(しかも派閥や党派性が大好きな連中です)。こういう社会では、片岡義男さんが『日本語の外へ』で指摘されたように、言葉も「所属性」を基盤にして成長します。戦後の日本語は、所属のための言葉です。

しかし近年になって、経済のレベルで現実として会社が市民社会の核であることを放棄し始めた途端、政治は社会の輪郭を見失ってしまったようです。そしてその際、会社に(あるいは組織一般に)所属しないひとは、行政にとってあまりに無表情で、言葉も届かない存在として、いわば行政みずからの「影」として浮かび上がってきます。おそらく「ニート」のイメージに投影されているのは、この「影」であり、行政自身の視力の無能さです。政治はこの「影」におびえています。行政やメディアや大学当局が投げかける「不審者」という言葉は、意訳すれば、「所属が審らかではない者」という意味を持っています。そして「所属が審らかではない者」は、現在の政治にとって「言葉の通じない者」、何を言ってもわからない者でもあります。言葉が通じなければ、内面もわからないから、矯正や陶冶の対象にもなりません。だから一旦「法の外」へ追放するという身振りで応対せざるをえなくなったのではないか。ある意味、行政としては捨て身で苦肉の策ではあります。なぜなら、「国民個人個人の人格の掌握」という統治の重要な拠点を放棄したに等しいのですから。「ニート」とは、政治にとっての「非人格」「非人間」を意味します。そして、一旦生まれてしまったこの「非人格」のカテゴリーには、実際のニート以外の多様なひとびとを投げ込むことができます。人格を掌握する必要を政治が放棄したから、「不審者」は誰でもここに含まれることになっちゃうわけです。(「不審者」「犯罪予備軍」といった言葉にはまた別のイメージのつながりもあります。これも後に考えたいです。)

また余談になりますが、日本の近代文学史上最高の「ニート」、つまり「無所属の寄生者」は、『吾輩は猫である』のあの無名の「猫」だとぼくは思っています。「先生」の家に寄生しながら、家族に所属しようとはしません。だから、ずっと名無しのままでも平気。そして、堂々と人間の営みを批判してゆきます。漱石の作品にはよく「無所属の寄生者」が登場しますが、一貫して言えることは、それらの登場人物(動物)は極めて鋭敏な近代の批評家であることです。漱石自身、実生活において、組織に所属することに対して警戒し続けていました。大学もやめて、後に博士号も拒否しつつ、新聞に寄生して書き続けました。彼の神経症的な要素は、「安易に所属してたまるか」という強い意志の反動に見えます。社会の真の批評家であるためには、所属への警戒を怠ってはならない、と彼は考えていたはずです。だからぼくは、もし本物の「ニート」が出現したら、そいつはきっと相当なつわものだと思います。「ニート」、すなわち「無所属の寄生者」は、その存在において、現代の鋭敏な批評家になります。だからなおさら、行政は「ニート」(のイメージ)を階層化のターゲットにしたがるのです。
posted by aoki at 17:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法の外(1)

(5月4日の記事を少し書き直しました。青木)

このブログの中で池田さんも書いているし、松沢呉一さんのメルマガでも指摘されていたのですが、最近のデモに対する警備って不必要なまでに厳重で、デモの人数と同じくらいの警察官がつくんですね。これじゃ、みんなビビるよな。早稲田の時の様子は、不当逮捕抗議のHPに掲載されている写真から判断して下さい。

オウム真理教事件以前は「公安廃止論」まであったのに、なんでこんな世の中になっちゃったかって考えると、オウム事件の時に弁護士や法律家たちが社会風潮に流されて、違法捜査の問題とかをおざなりにしたツケがまわってきている気がします。このブログを読まれている方には、オウム事件当時の吉本隆明さんの発言を読み直すことをお勧めします。この時期に弁護士たちが間違ったかじ取りをしたことが、はっきり指摘されています。実際、裁判の経過を読んでも、今や弁護士も司法も機能不全という感じです。

その上、日本のような議院内閣制の国ではもともと立法が行政と癒着しやすい。ヘボな法案がひょこひょこ出てくる現状は、立法府が正常に機能してない証拠でしょう。現在、日本では三権分立がきちんと機能していません。実感としてそう感じます。民主主義の再構築を考えるのならば、まずここをしっかりさせなきゃいけないはず。評判の悪い「戦後民主主義的精神」といった観念上の問題以前の、リアル・ポリティックにおける緊急な課題です。数年後に始まるであろう裁判員制度が今後の民主主義のあり方にどう作用してゆくか、実はこれも気になってます。

今の日本では行政権の突出がえらく際立っている、とぼくは感じます。「国家」という言葉から普通のひと(ぼくもそうです)がイメージするのは、ほとんど行政の権力ばかりじゃないかしら。行政権が特異に突出した国家の代表例は、ファシズム国家です。ファシズム国家とは、基本的には、社会を常時「臨戦態勢」に置く国家です。そうすることで、行政権の優位がぎりぎりまで保たれます。しかし「臨戦態勢」を正当化し維持するためには、国外および国内に強い搾取・差別・侵略の構造を作り出すことを必要とします。第二次大戦当時は、重工業の独占支配と民族差別的なイデオロギーが核になったけど、現在なら当然、情報産業の支配と情報操作がひとつの大きな核になるはずです。それに、こういう行政的な権力の突出という傾向は、別に国家規模だけで始まるわけではなく、学校や企業、メディアでの表現の規制や「自粛」(日本の大手メディアの得意技)からも始まります。半ばマジな皮肉を言わせてもらえば、早稲田大学も自分で身勝手な「臨戦態勢」の幻想を作り出して、下手くそな情報戦術を使いながら、「不審者」の排除などという差別構造を生み出したと言えます。まあ、戦うべき相手を思いっきり間違ってるんですけどね。

今回の早稲田の不当逮捕事件への抗議の連帯メッセージの中に、コーネル大学の酒井直樹さんから寄せられた次の一文があります。

「日本におけるネオリベラルな改革と全体主義的趨勢を、いまアメリカ合州国で進行している全体主義的改革とともに拒絶することは絶対に必要なことです。アメリカ合州国における大学の自由への抑圧が1930年代の日本のそれと不気味な類似を示していること、このことへの危惧を私は数多くの講演において表明しています。」

海外からクールな視線で見れば、今回の早稲田の騒動も含めて、日本の昨今の趨勢が「全体主義的」、すなわちファシズム的であることがはっきりわかるのでしょう。早稲田の教員は、この酒井さんの文章をどれだけ理解してるのか。今からでも文学部の内部から自浄作用が起これば、大学の存在意義が大きく変わるんだけど、期待するだけヤボなのかな。早稲田も大手メディアだしね。でも、まず自分らで何とかしてみろ、とだけは言っておくぞ。

で、ひとまず話を日本の国内に限定しますが、たとえ幻想的であれ「臨戦態勢」を作り上げるためには「差別」が必要で、その際、差別する側から差別される側に向かうベクトルで「法の外」という幻想、つまり法の庇護から排除するという共同観念が侵入してきます。ぼくが「不審者」「犯罪予備軍」「ニート」といった言葉が流布する背景の奥に感じるニュアンスは、この「法の外」という脅迫的かつ強迫的な(実はそれだけじゃないんだけど)幻想領域なわけです。じゃあ、現在における「臨戦態勢」とは何か。そこから生じる差別の行方はどこに向かうのか。長くなりましたが、やっとここから本論に入ります。ぼくの生活実感を出発点にして、書いてゆくつもりです。
posted by aoki at 13:16| Comment(5) | TrackBack(1) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

救援会への支援メッセージ

メーデー救援会ブログに次のような支援メッセージを送りました。
署名、メッセージの受付はこちらのエントリーまで。


-------------------------

・デモの申請時には、サウンドカー使用の許可が下りたにもかかわらず、デモ開始時において、サウンドカーの使用が違法であるとされたこと。これは警察の公務に重大な瑕疵があったことを意味します。そしてその瑕疵のつけを、友人三名の逮捕というかたちで不当に払われされたことに、つよい怒りを感じます。

・また、あまりにも恣意的な法の適用の仕方に対して、日本国の法にしたがい、生活を営んでいる者として、つよい不安を感じます。

以上の理由から、この逮捕の責任者に対し抗議します。

補足
判例・通則では「公務執行妨害罪」が適用される「公務」とは、適法性があるものに限定している。今回の件における、警察の公務の瑕疵にもとづく逮捕というのは、この場合の適法性の範疇には入らないのではないか。これは、常識で考えれば、あまりにも致命的なミスである。それとも警察法に「いちど申請を通したデモの許可を自由に取り消すことができる」とでも書いてあるとでもいうのだろうか。責任者は、説明する義務があるはずである。
-----------------------------------------


補足の補足
木村光江『刑法』は、適法なものとして保護されるべき公務の最も重要な要件として「職務行為の有効要件である法律上の重要な条件・方式の履践」をあげている。もちろん私は法律の専門家ではないが、今回のような、警察の許可・不許可のドタバタからくる逮捕が、はたしてそのような要件をみたしているのか、はなはだ疑問である。

2006年05月03日

非行者から不審者へ/青木

以前、高橋源一郎さんの著作を調べていたおりに、現在の社会における「監獄」ってなんだろうって考えて、フーコーの『監獄の誕生』を読み返していたら、「非行性」という言葉に出会いました。「非行」というのは「非行少年」とか言う時の「非行」の意味です。もとのフランス語だとdelinquance(アクセント記号は省いてます)。フーコーはこの「非行」という言葉を、あらかじめの前科者、潜在的ならず者というニュアンスで使っていると思われるのですが、その際この「あらかじめの前科者」という規定は、基本的には、社会の成員すべてに当てはまります。つまり、近代社会(この場合、権力の視点から見た「社会」です)では、市民の全員が非行者、つまり、いつか逸脱行為をする潜在的素因を持つ人間としてイメージされます。この「非行性」という概念は、フーコーの有名なパノプティスム(一望監視方式)の分析に負けず劣らず重要な概念だと思います。実際、現代の権力の構成がパノプティズムからコントロール(環境管理、ただしぼくはむしろ「ロジスティック(備給戦術=記号論理)」という言葉を提唱します)に移行しても、「非行性」という考えは十分通用すると考えられます。最初の問題意識に立ち戻ると、現代の「監獄」とはこの社会全体であり、誰もが潜在的には「あらかじめ収監されている」状態にあるわけです。まあこう考えると、監視社会と呼ばれる現状に横たわる権力の構成も、少しだけ見やすくなる気がしたわけです。

ところで、「不審者」と言う場合は、「非行者」と似ていますが、やはり違う感じがする。「不審者」という言葉には、社会のある階層が別の階層を差別して「不審」と感じる、という視点が前提になっています。つまり、ある視点からの「階層化」と「差別」が前提になります。「犯罪予備軍」なんて言い方も「不審者」と同じで、一見「非行者」という概念に似てますが、むしろ観念も実体も伴わない、まず差別化するための言葉だと思います。戦後の日本社会は、実体は別にしても、マス・イメージとしては「無階級な社会」を目指していた気がするのですが、それがここにきて、いきなりむき出しの「階層化」の欲求が現れてきて、しかもその欲求を肯定するような政治家の発言まで聞かれます。ぼくは「不審者」とか「犯罪予備軍」とか「ニート」といった言葉がメディアによって流布されてしまう背景には、ロジスティックあるいはコントロール型の管理を行き渡らせるための口実として、「不審な『階層』が実際に存在する」というイメージをむりやり作り出さねばならない、という権力の事情があると考えています。そして、こういうイメージを必要としているのは、「自分達だけは『非行者』ではない」と公的に認可されたがっている共同体です。もちろん、そんな共同体は幻想の中にしか存在しないでしょう。毎日の報道を見ればわかる通り、別に「不審者」ばかりが犯罪しているわけじゃなく、官僚も重役も警察官も分け隔てなく犯罪してるんだし。

そこで、
1、この「不審者」といった曖昧なイメージの発生源はどこか。
2、現在の幻想的な「階層」意識は、どんな欲望にもとづいているのか。
3、階層化を進めていった場合、現実として日本の社会に起こることは何か。
といった点をこれからじっくり考えていきたいと思います。その際、早稲田のビラ撒き不当逮捕事件は大いに参考にさせてもらうぞ。
posted by aoki at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 青木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メーデー救援会ブログに署名と解説

「メーデー救援会:抗議声明への賛同署名、連帯・支援メッセージをお寄せください」
署名はこちらへ

「30日の「自由と生存のメーデー06」弾圧と共謀罪(転載)」
小倉利丸氏による今回の事件の解説。今回に事件について何がなにやらと思っている方もぜひ。あの「共謀罪」との関係にも言及されています。氏の著作はこちら

2006年05月02日

フリーターズデモ弾圧事件関連

・メーデー救援会
緊急の救援ブログです
こちらによると、1名は解放されたもよう


・かめよん写真館
デモの時の写真がupされています


・「代用監獄」wikipedia
非常に問題のあるシステム

・「公務執行妨害」wikipedia
「転び公妨」の項に注目

前代未聞!? サウンドデモ出発直後に、警察がサウンドカーを没収!

このブログは、基本的には早稲田大学文学部におけるビラまき青年逮捕事件にトピックを限定した方が、話題も拡散することなくいいのいではと思っていた。他の参加者はともかく、すくなくとも自分はそうするつもりだった。しかし、こうもたてつづけに「やった者勝ち」的な権力行使がおこなわれると、とりあえず関係しそうなものは、ここに書いて残しておいた方がいいのではないかと思った。

何故かというと、昨日つまり4月30日に「フリーター全般労働組合」主催による「自由と生存のメーデー06 ---プレカリアートの企みのため」と題されたデモがあったのだが、そこでの警察によるデモつぶしが、あまりにも非道すぎたからだ。



前置き(長いので必要ない人はとばして下さい)
数年前から、私は「フリーターが社会問題化している」という言説に非常に違和感を感じていた。それはあたかも「フリーター」本人が「社会問題」であることが前提とされているが、それはもっと他の「問題」のつけを「フリーター」が払わされているのではないか、と思われてならなかったからだ。




続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。